リース・クレジットのご提案

初期投資ゼロで最新機種の導入ができる
  • リース活用のメリット
  • リースとクレジットの比較
  • リース商品のラインナップ
  • 動産総合保険について
  • リースQ&A
  • 取扱いリース会社
リース活用のメリット
初期投資に多額の費用が必要ありません メリット1

購入時に多額の資金を準備する必要がなく効率的な資金運用が出来ます。設備投資する費用を運転資金として効率的に運用出来ます。

銀行の借り入れが温存できます メリット2

リースは借入れではありませんが実質上、設備投資に借入れしたのと同じ効果が得られ、しかも金融機関からの借入れ枠は温存され、資金調達に余裕が生じます。

リースは経費処理が可能です メリット3

毎月のリース料は、税法上、賃料として経費処理することが出来ます。またリース料は月々一定ですから設備投資のコストが正確に認識出来ます。

事務の省力化が図れます メリット4

煩雑な事務処理はリース会社が行います。お客様はリース料をお支払いいただくだけで、 設備の所有に伴う事務処理を削減でき、事務管理の大幅な省力化が図れます。

最新機器がご使用になれます メリット5

リースの更新期間ごとに、最新省エネ機器を入れ替え導入することにより、電気代を大きく削減出来ます。 お客様の月々のご負担は低減されます。

動産総合保険で安心です メリット6

万が一の事故の場合にも動産総合保険が付加されているので残リースが保証されます。

詳しくはこちら
わずかな負担増で、リース期間中修理代無料 メリット7

購入時に多額の資金を準備する必要がなく効率的な資金運用が出来ます。設備投資する費用を運転資金として効率的に運用出来ます。

コンテンツ枠
お気軽にお問合せください 詳しくはお問い合わせください
  • 電話で問い合わせ
  • メールで問い合わせ
業務用エアコンをお探しの方はトップから
エアコンフロンティアトップページへ戻る
総合案内・商品に関するお問い合わせ